コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野松林 かのう しょうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野松林 かのう-しょうりん

1690-1739 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)3年生まれ。狩野休山の子(一説狩野休円の次男)。休山の跡をうけ,麻布一本松狩野家をつぐ。元文4年6月21日死去。50歳。名は淳信。別号に琴風軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野松林の関連キーワード元禄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩野松林の関連情報