狩野秀水(読み)かのう しゅうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野秀水 かのう-しゅうすい

?-? 江戸時代後期の画家。
寛政-文化(1789-1818)のころの人。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の江戸藩邸につかえ,「羽州秋田風俗問状答(といじょうのこたえ)」の挿絵を渡辺洞昌とともにえがいた。本姓は菅原。名は求信(もとのぶ),由明。字(あざな)は宗珉。別号に蒼雪庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android