コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野秀水 かのう しゅうすい

美術人名辞典の解説

狩野秀水

江戸後期の画家。江戸生。名は求信、号は蒼雪菴。狩野周信に学ぶ。文政頃の人。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野秀水 かのう-しゅうすい

?-? 江戸時代後期の画家。
寛政-文化(1789-1818)のころの人。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の江戸藩邸につかえ,「羽州秋田風俗問状答(といじょうのこたえ)」の挿絵を渡辺洞昌とともにえがいた。本姓は菅原。名は求信(もとのぶ),由明。字(あざな)は宗珉。別号に蒼雪庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例