コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野秀水 かのう しゅうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野秀水 かのう-しゅうすい

?-? 江戸時代後期の画家。
寛政-文化(1789-1818)のころの人。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の江戸藩邸につかえ,「羽州秋田風俗問状答(といじょうのこたえ)」の挿絵を渡辺洞昌とともにえがいた。本姓は菅原。名は求信(もとのぶ),由明。字(あざな)は宗珉。別号に蒼雪庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野秀水の関連キーワード寛政

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android