コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野董川

2件 の用語解説(狩野董川の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野董川

幕末の画家。浜町狩野家八代。友川助信の養子、実は木挽町狩野伊川院栄信の五男。名は中信。通称は董四郎、初号は幸川、別号は全楽斎。法眼に叙せられる。明治4年(1871)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野董川 かのう-とうせん

?-1871 幕末-明治時代の画家。
狩野伊川の5男。浜町狩野家の友川の養子となって跡をつぎ,奥絵師となる。弘化(こうか)元年(1844)法眼(ほうげん)。江戸城本丸・西の丸の障壁画制作などに参加。明治4年5月9日死去。名は中信。別号に幸川,全楽斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

狩野董川の関連キーワード鈴木守一大野雲潭小林玉潤杉谷雪樵遠坂文岱肥後新造村越向栄山下蕉雨山内林斎和田菁華