狩野董川

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野董川 かのう-とうせん

?-1871 幕末-明治時代の画家。
狩野伊川の5男。浜町狩野家の友川の養子となって跡をつぎ,奥絵師となる。弘化(こうか)元年(1844)法眼(ほうげん)。江戸城本丸・西の丸の障壁画制作などに参加。明治4年5月9日死去。名は中信。別号に幸川,全楽斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android