コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野融川 かのう

美術人名辞典の解説

狩野融川

江戸後期の画家。浜町狩野家五世。狩野昆信の子。名は寛信、初め友川、のち青梧斎と号する。文化5年法眼に叙せられ式部卿と称する。画を父に学び、文学を好み、詩を能くする。和歌橘千蔭に学ぶ。文化12年(1815)歿、38才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野融川 かのう-ゆうせん

1778-1815 江戸時代後期の画家。
安永7年生まれ。狩野閑川の子。寛政4年(1792)父の跡をうけて浜町狩野家をつぎ,奥絵師となる。文化5年法眼(ほうげん)。自身の手がけた朝鮮への贈呈屏風に対し,老中が不満をしめしたのにいかり,文化12年3月19日下城の途中で切腹した。38歳。名は寛信。別号に友川。
格言など】良工の手段,俗目の知る所に非ず

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野融川の関連キーワード狩野良信狩野舜川葛飾北斎

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android