コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独ソ武力不行使条約 どくソぶりょくふこうしじょうやく

百科事典マイペディアの解説

独ソ武力不行使条約【どくソぶりょくふこうしじょうやく】

1970年8月,西ドイツソビエト連邦の間に結ばれた条約。ヨーロッパの現状承認,両国間の紛争の平和的処理,国境の尊重(オーデル・ナイセ線および東・西ドイツ間の国境を含む)などを約した本文,および東・西ドイツ統一の可能性を留保することを宣言したブラント西ドイツ首相書簡などからなり,同年12月に結ばれたほぼ同趣旨の西ドイツ・ポーランド国交改善条約(1972年国交回復)と合わせて東方条約と通称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

独ソ武力不行使条約の関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone