コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独判断 ひとりさばき

1件 の用語解説(独判断の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひとりさばき【独判断】

浄瑠璃作者近松半二著の随想。1787年(天明7)山田卯兵衛版。半二の没後に刊行。疎懶堂,浄瑠璃作者紀上太郎らが叙,跋を寄せる。西沢一風伝奇作書》に本文を掲載。完全翻刻としては吉永孝雄〈近松半二《独判断》の翻刻に当って〉がある。大同小異の内容を持つ《半二現世安心記》写本が子孫の穂積家に伝えられ,翻刻もある。神仏の有無,天地開闢の初めなどについて論じ,儒教の現実主義に不満を覚えながら,仏教の来世観にも素直に従えず,結局徹底的考察をもって悩みを解決することなく,日常性の中に埋没していく姿を,自嘲的な戯文で綴る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

独判断の関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象アメリカ合衆国憲法合衆国憲法修正第2条二宮金次郎(尊徳)朝日新聞・全国自治体議会アンケート

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone