自習(読み)じしゅう

精選版 日本国語大辞典 「自習」の意味・読み・例文・類語

じ‐しゅう ‥シフ【自習】

〘名〙 他人に教わらないで自分で学び習うこと。また、教師指導を受けないで自主的に勉強すること。独習
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉須永の話「彼女鎌倉へ行ってから水泳を自習(ジシフ)し始めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「自習」の意味・読み・例文・類語

じ‐しゅう〔‐シフ〕【自習】

[名](スル)自分で学習・練習すること。「自習時間」「自学自習
[類語]独習独学宿題自修自学自習

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「自習」の読み・字形・画数・意味

【自習】じしゆう

独習。

字通「自」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android