猪俣勝人(読み)いのまた かつひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪俣勝人 いのまた-かつひと

1911-1979 昭和時代の脚本家。
明治44年6月27日生まれ。松竹をへて,昭和17年国民脚本社を設立。戦後「シナリオ文芸」を創刊。「執行猶予」「風雪二十年」「現代人」で25年から3年連続シナリオ作家協会のシナリオ賞。34年「白か黒か」を監督。昭和54年8月7日死去。68歳。東京出身。日大卒。著作に「日本映画俳優全史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android