猫糞(読み)ネコババ

デジタル大辞泉の解説

ねこ‐ばば【猫×糞】

[名](スル)《猫が、糞(ふん)をしたあとを、砂をかけて隠すところから》悪いことを隠して素知らぬ顔をすること。また、拾得物などをこっそり自分のものとすること。「拾った物を猫糞する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

猫糞

猫が自分のを砂や土で隠すことから、悪事をして隠すことを意味する。また、拾い物などをこっそり自分のものにしてしまうこともいう。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ねこばば【猫糞】

( 名 ) スル
〔猫が糞に泥をかけて隠すことからという〕
悪事をごまかして知らない顔をすること。特に、拾った物をひそかに自分の物にしてしまうこと。 「財布を-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねこ‐ばば【猫糞】

〘名〙 悪事を隠して素知らぬ顔をすること。拾いなどをして、それを届けたり返したりしないで、自分のものとして素知らぬ顔をすること。
※洒落本・寸南破良意(1775)髪結「大方五つ明の客を取て居やアがって、ばばの面(つら)で来て」
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉四「猫ばばをきめこんでしまって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android