コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着服 チャクフク

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐ふく【着服】

[名](スル)《「ちゃくぶく」とも》
衣服を着ること。
金品などをひそかに盗んで自分のものにすること。「売上金を着服する」

ちゃく‐ぼく【着服】

ちゃくふく(着服)」の音変化。
「かの一本をおのが懐へ―して」〈滑・膝栗毛・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくふく【着服】

( 名 ) スル
〔「ちゃくぶく」とも〕
衣服を着ること。
他人の物をこっそりと自分の物にしてしまうこと。 「公金を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

着服の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻NHK記者らの株インサイダー取引事件飛鳥会を巡る業務上横領・詐欺事件「飛鳥会」理事長業務上横領・詐欺県住宅供給公社の巨額横領事件住宅供給公社巨額横領事件NHK番組制作費着服事件クレディ・モビリエ事件解放同盟を巡る不祥事ジョセフ エストラダビットコイン消失事件科学研究費助成事業大阪府警の暴言事件ペレス・ヒメネスオッペンハイマー基礎年金番号フジモリ疑惑中国のエイズコンプラ倒産不正流用問題

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着服の関連情報