失敬(読み)シッケイ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐けい【失敬】

[名・形動](スル)
人に対して礼を失した振る舞いをすること。また、そのさま。失礼。無礼。「失敬なことを言う」「失敬な奴だ」「きのうは失敬した」
先に席を立つこと。また、人と別れること。「ひと足先に失敬する」
他人のものを黙って自分のものにすること。盗むこと。「隣の家の柿を失敬する」
[感]人と別れるときのあいさつや、失礼をわびるときにいう語。多く、男性が用いる。「じゃあ、ここで失敬
失礼用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっけい【失敬】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
人に対する礼儀や敬意に欠けること。無礼なこと。また、そのさま。失礼。 「 -なやつだ」 「待たせて-した」
人と別れること。主に年配の男性が親しい相手に対して用いる。 「ここで-するよ」
他人の物を許しを得ないで持ち去ること。 「兄の本棚からちょっと-してきた」
( 感 )
人に謝ったり、別れを告げたりするときに発する語。男性が親しい相手に対して用いる。 「 -、-。出がけに客が来たもので遅れてしまった」 「じゃあ、-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐けい【失敬】

〘名〙
① (形動)(━する) 人に対意を欠くこと。無礼なさま。失礼。
※随筆・蘐園雑話(1751‐72頃)「丘隅方より徠翁に書いて給はれと申も余り失敬なりとて、門人の人に頼みたしとありければ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「失敬(シッケイ)ですが、僕等は飯としやう」
② 別れるとき、人の前を通るときなどに挨拶(あいさつ)として発する語。多く男性が感動詞的に用いる。ごめん。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「ハア失敬(シッケイ)ごめん」
③ (━する) 人と別れること。暇(いとま)を乞うこと。辞去。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「失敬の挨拶も手軽く」 〔西廂記‐催鶯鶯夜聴琴雑劇〕
④ (━する) 他人のものをだまって自分の物にすること。盗むこと。〔現代新語辞典(1919)〕
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉明治時代の学生生活「古本屋の店から古本を一冊失敬する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失敬の関連情報