コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献〔獻〕 ケン

デジタル大辞泉の解説

けん【献〔獻〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケン(漢) コン(呉) [訓]たてまつる ささげる
〈ケン〉
上位者や神仏に物をさしあげる。「献金献血献上献呈献本貢献奉献
客に酒をすすめる。「献酬献杯
物知り。賢人。「文献
〈コン〉
杯のやりとりの度数。「九献(くこん)三献
料理の取り合わせ。「献立(こんだて)
[名のり]すすむ・たけ

こん【献】

[名]客にもてなす酒・肴(さかな)の膳部。
「預かり蔵人小板敷きを昇り、大杯を取って共に―を勧む」〈雲図抄〉
[接尾]助数詞。
酒席などで、杯を飲みほす回数を表す。また、杯をさす度数にもいう。「一おあがりください」
客をもてなすとき、食物を出す度数を表すのに用いる。
「一―にうちあはび、二―にえび、三―にかいもちひにてやみぬ」〈徒然・二一六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こん【献】

( 名 )
さかな・銚子をととのえて、客に膳部をすすめること。 「其の後-共度度参る/言国卿記」
飲み干した杯の数。 「『まだ飲むか。最早置かいで』『-が悪うござる』/狂言・寝音曲 鷺流
( 接尾 )
助数詞。
杯をさす度数を数えるのに用いる。 「一-献けんずる」
吸い物・肴・銚子をととのえて膳をすすめる度数を数えるのに用いる。 「一-にうちあはび、二-にえび、三-にかいもちひにてやみぬ/徒然 216

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こん

献はけん、たてまつる、ささげるとも音・訓する。一般に献呈、献立、文献などと使っている。こんと音読すると、酒席に関連し、「一献さしあげたい」などと使用された。酒宴、もてなしなどに出される膳部(ぜんぶ)や杯(さかずき)(盃)の度数を示す語とされてきた。杯を3回重ねることを一献という。すなわち、1杯飲むのが一度で、3杯が一献になる。多人数の席で一度杯が回るのが一巡で、三度三献がよいとされていた。三度酒を飲むのが作法で、三献までは起座献杯をしないのが酒席の礼儀とされた。献の使用は鎌倉期の『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』とか、後の『徒然草(つれづれぐさ)』にみられるが、故実(こじつ)の研究者伊勢貞丈(いせさだたけ)の天保(てんぽう)14年(1843)上梓(じょうし)の『貞丈雑記(ていじょうざっき)』には、酒盃(しゅはい)之部に盃のことをつぶさに書き述べている点から、酒の作法もこのころには確立していたと考えられる。現在、一般には酒は作法ではなく楽しく飲むものとすれば、献のことばは古語に入る用語といえる。[福井晃一]
『『貞丈雑記』(1952・明治図書出版・故実叢書) ▽坂本太郎監修『風俗辞典』(1957・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

献〔獻〕の関連キーワードザンクト・マリア・イム・カピトール聖堂[ケルン]サン・マクルー聖堂[ルーアン]七献の引き出物・七献の引出物滄海変じて桑田となる真魚食・真魚咋七献の引出物山中信天翁ニルリティ烏盞・胡盞三三九度祝き回す真魚食ひ燃ゆる土貞丈雑記五紀暦陳白沙主水司仲山甫側用人葉栄鐘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android