コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献〔獻〕 ケン

4件 の用語解説(献〔獻〕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん【献〔獻〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケン(漢) コン(呉) [訓]たてまつる ささげる
〈ケン〉
上位者や神仏に物をさしあげる。「献金献血献上献呈献本貢献奉献
客に酒をすすめる。「献酬献杯
物知り。賢人。「文献
〈コン〉
杯のやりとりの度数。「九献(くこん)三献
料理の取り合わせ。「献立(こんだて)
[名のり]すすむ・たけ

こん【献】

[名]客にもてなす酒・肴(さかな)の膳部。
「預かり蔵人小板敷きを昇り、大杯を取って共に―を勧む」〈雲図抄〉
[接尾]助数詞。
酒席などで、杯を飲みほす回数を表す。また、杯をさす度数にもいう。「一おあがりください」
客をもてなすとき、食物を出す度数を表すのに用いる。
「一―にうちあはび、二―にえび、三―にかいもちひにてやみぬ」〈徒然・二一六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こん【献】

( 名 )
さかな・銚子をととのえて、客に膳部をすすめること。 「其の後-共度度参る/言国卿記」
飲み干した杯の数。 「『まだ飲むか。最早置かいで』『-が悪うござる』/狂言・寝音曲 鷺流
( 接尾 )
助数詞。
杯をさす度数を数えるのに用いる。 「一-献けんずる」
吸い物・肴・銚子をととのえて膳をすすめる度数を数えるのに用いる。 「一-にうちあはび、二-にえび、三-にかいもちひにてやみぬ/徒然 216

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こん

献はけん、たてまつる、ささげるとも音・訓する。一般に献呈、献立、文献などと使っている。こんと音読すると、酒席に関連し、「一献さしあげたい」などと使用された。酒宴、もてなしなどに出される膳部(ぜんぶ)や杯(さかずき)(盃)の度数を示す語とされてきた。杯を3回重ねることを一献という。すなわち、1杯飲むのが一度で、3杯が一献になる。多人数の席で一度杯が回るのが一巡で、三度三献がよいとされていた。三度酒を飲むのが作法で、三献までは起座献杯をしないのが酒席の礼儀とされた。献の使用は鎌倉期の『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』とか、後の『徒然草(つれづれぐさ)』にみられるが、故実(こじつ)の研究者伊勢貞丈(いせさだたけ)の天保(てんぽう)14年(1843)上梓(じょうし)の『貞丈雑記(ていじょうざっき)』には、酒盃(しゅはい)之部に盃のことをつぶさに書き述べている点から、酒の作法もこのころには確立していたと考えられる。現在、一般には酒は作法ではなく楽しく飲むものとすれば、献のことばは古語に入る用語といえる。[福井晃一]
『『貞丈雑記』(1952・明治図書出版・故実叢書) ▽坂本太郎監修『風俗辞典』(1957・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

献〔獻〕の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone