コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿田彦 サルダヒコ

デジタル大辞泉の解説

さるだ‐ひこ【猿田彦】

《「さるたひこ」とも》
猿田彦神(さるだひこのかみ)」に同じ。
シソ科の多年草湿地に自生し、高さ20~60センチ。茎は四角柱。葉は対生し、縁に粗いぎざぎざがある。夏から秋に、葉の付け根に白い唇形の小花を開く。小白根(こしろね)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さるたびこ【猿田彦】

〔「さるだひこ」 「さるたひこ」とも〕 記紀神話の神。天孫降臨に際して、その道案内をした。容貌魁偉で、鼻は高く、身長は七尺余。後世、庚申こうしん信仰や道祖神などとも結びついた。伊勢の猿田彦神社の祭神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

猿田彦の関連キーワードサルタヒコノカミ(猿田彦神)熊甲二十日祭の枠旗行事猿田彦神社 小坡美術館三重県伊勢市宇治浦田天鈿女命・天宇受売命船玉・船霊・船魂都波岐奈加等神社志賀理和氣神社志和稲荷神社わいわい天王伏見稲荷大社祐徳稲荷神社祖師野八幡宮大麻比古神社猿田彦神社猿田毘古神黄金山神社大野湊神社記紀神話椿大神社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猿田彦の関連情報