猿田彦神(読み)サルダヒコノカミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猿田彦神 さるたひこのかみ

記・紀にみえる神。
「日本書紀」によれば,瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨のとき天の八衢(やちまた)にいて,尊を先導した。のち天鈿女命(あめのうずめのみこと)におくられて伊勢(いせ)(三重県)狭長田(さなだ)の五十鈴川の川上におもむく。後世,庚申(こうしん)信仰や道祖神信仰とむすびつけられたりした。猨田彦(大)神とも。「古事記」では猨田毘古神。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android