コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿田彦神 サルダヒコノカミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猿田彦神 さるたひこのかみ

記・紀にみえる神。
「日本書紀」によれば,瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨のとき天の八衢(やちまた)にいて,尊を先導した。のち天鈿女命(あめのうずめのみこと)におくられて伊勢(いせ)(三重県)狭長田(さなだ)の五十鈴川の川上におもむく。後世,庚申(こうしん)信仰や道祖神信仰とむすびつけられたりした。猨田彦(大)神とも。「古事記」では猨田毘古神。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

猿田彦神の関連キーワードサルタヒコノカミ(猿田彦神)猿田彦神社 小坡美術館船玉・船霊・船魂志和稲荷神社祐徳稲荷神社黄金山神社宮本 重良猿田彦神社猿田毘古神垂加神道宮本重良庚申信仰お熊甲祭油日神社白鬚神社伊藤小坡庚申待岐の神天満宮猿田彦

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android