コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄如 げんにょ

1件 の用語解説(玄如の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄如 げんにょ

1778-1833 江戸時代後期の歌人。
安永7年生まれ。家は備前岡山の豪商赤穂屋の一族。京都で香川景樹(かげき)の家僕となり,和歌をまなぶ。のち出家して各地を放浪。晩年は京都の大原,嵯峨(さが)などにすんだ。桂門(香川景樹の門人)十哲のひとり。天保(てんぽう)4年1月7日死去。56歳。俗名は若林秋長。号は任有亭,己桃軒。法名ははじめ善勝。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玄如の関連キーワード市川春琳パリのパンテオン市川団十郎百科事典島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone