コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄如 げんにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄如 げんにょ

1778-1833 江戸時代後期の歌人。
安永7年生まれ。家は備前岡山の豪商赤穂屋の一族。京都で香川景樹(かげき)の家僕となり,和歌をまなぶ。のち出家して各地を放浪。晩年は京都の大原,嵯峨(さが)などにすんだ。桂門(香川景樹の門人)十哲のひとり。天保(てんぽう)4年1月7日死去。56歳。俗名は若林秋長。号は任有亭,己桃軒。法名ははじめ善勝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玄如の関連キーワード会津磐梯山山内 盤水海野幸典玄如節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android