玄如(読み)げんにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄如 げんにょ

1778-1833 江戸時代後期の歌人。
安永7年生まれ。家は備前岡山の豪商赤穂屋の一族。京都で香川景樹(かげき)の家僕となり,和歌をまなぶ。のち出家して各地を放浪。晩年は京都の大原,嵯峨(さが)などにすんだ。桂門(香川景樹の門人)十哲のひとり。天保(てんぽう)4年1月7日死去。56歳。俗名は若林秋長。号は任有亭,己桃軒。法名ははじめ善勝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android