コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄慶 げんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄慶 げんけい

1218-1299* 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)6年生まれ。真言宗正嘉(しょうか)元年報恩院流の祖憲深から灌頂(かんじょう)をうけ,醍醐(だいご)山内に岳西院をひらく。岳西院流の祖。醍醐声明(しょうみょう)を聖海(しょうかい)法親王らにまなび,声明にすぐれた。永仁(えいにん)6年12月6日死去。81歳。通称は式部卿法印。「げんきょう」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

玄慶

没年:永仁6.12.6(1299.1.9)
生年建保6(1218)
鎌倉中期の真言宗醍醐流の声明家。号は式部法印。醍醐流声明を任賢の弟子聖海より受け,大勢の弟子に伝えた。南山進流声明も慈業の弟子から学んでいる。箏なども学び,音律全般に造詣が深かったらしい。建長6(1254)年,醍醐流の『声明集』を任賢以来の譜本を用いて編纂し,これは以後の教則本的なものとなった。醍醐寺には,その写本が多く存在する。聖尊編述による『音律菁花集』(『大正新修大蔵経』84巻所収)の巻末には,玄慶の関与した「変音事」の記事がみえる。

(高橋美都)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

玄慶の関連キーワード栗山孝庵鎌倉時代福井嘉平竜雲寺没年聖忠宗叡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android