コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚園寺 カクオンジ

3件 の用語解説(覚園寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくおん‐じ〔カクヲン‐〕【覚園寺】

神奈川県鎌倉市二階堂町にある真言宗泉涌寺(せんにゅうじ)派の寺。山号は鷲峰(じゅぶ)山。院号は真言院。建保6年(1218)北条義時建立の大倉薬師堂を永仁4年(1296)北条貞時元寇退散祈願のため寺としたもの。開山は智海。薬師如来像・地蔵像をはじめ多数の仏像を所蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくおんじ【覚園寺】

神奈川県鎌倉市にある真言宗泉涌寺派の寺。鷲峯山真言院と号す。もと真言,律,禅,浄土の四宗兼学であったが,明治初年に本山の京都泉涌寺に従って真言宗となった。1218年(建保6)北条義時が大倉に建立した薬師堂がその前身といい,1296年(永仁4)北条貞時が忍性の弟子智海心慧を招いて覚園寺と改めた。鎌倉時代は北条氏の保護を受け,建武新政のときは後醍醐天皇の勅願寺,室町時代は足利氏の祈願寺となり,北京律の拠点として大いに栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

覚園寺
かくおんじ

神奈川県鎌倉市二階堂にある真言宗泉涌寺(せんにゅうじ)派の寺。鷲峰山(じゅぶさん)真言院と号する。1218年(建保6)北条義時(よしとき)が霊夢をみたことによって薬師堂を建てたのに始まると伝えられる。1250年(建長2)火災で焼失したが、翌年北条時頼(ときより)が再建、1296年(永仁4)北条貞時(さだとき)が心慧和尚(しんねおしょう)を招いて開山とし、覚園寺と称するようになった。境内には愛染堂、薬師堂、地蔵堂などがあるが、現在の建物はすべて足利尊氏(あしかがたかうじ)が再建したものである。本尊の薬師如来(にょらい)像(脇侍(きょうじ)の日光・月光菩薩(ぼさつ)像とともに国指定重要文化財)は運慶(うんけい)作、十二神将像は宅磨(たくま)の作と伝えられる。地蔵堂に安置される地蔵菩薩像(国指定重要文化財)は像全体が黒ずんでおり、一般に火焚(ひた)き地蔵尊、黒地蔵などとよばれ、いまなお京浜地方の消防関係者の信仰を集めている。また、開山塔と大燈(だいとう)塔(関東最大の宝篋印塔(ほうきょういんとう))は国の重要文化財に、大小さまざまな洞穴が群集する「百八やぐら」は国の史跡に指定される。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚園寺の関連キーワード極楽寺浄土寺泉涌寺東慶寺医王寺光触寺浄智寺瑞泉寺明月院浄光明寺

覚園寺の関連情報