コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄智 げんち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄智 げんち

1734-1794 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)19年生まれ。浄土真宗僧樸(そうぼく)にまなび,京都慶証寺の玄誓の法をつぐ。西本願寺の堂職や江戸築地別院輪番などをつとめ,宗史,教学の研究書をあらわした。寛政6年10月4日死去。61歳。河内(かわち)(大阪府)出身。字(あざな)は景耀,若瀛(じゃくえい)。号は曇華室,孝徳坊。著作に「考信録」「大谷本願寺通紀暦世宗主伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玄智の関連キーワードティーレ(Cornelis Petrus Tiele)コルネーリス・ペトリュス ティーレ宮下 秀冽(1代目)宮下 秀冽(初代)萩岡松韻(初代)萩岡松韻(1世)山川 園松6月17日三上 澄恵高野 喜長萩岡松韻宮下秀冽享保生祠存覚蓮教

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android