コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄楼奥竜 げんろう おうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄楼奥竜 げんろう-おうりゅう

1720-1813 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。但馬(たじま)(兵庫県)竜満寺の象山問厚の法をつぐ。享和元年山城(京都府)興聖寺住持となった。禅風がきびしく,狼玄楼とよばれた。文化10年10月12日死去。94歳。志摩(三重県)出身。俗姓は村上。別号に蓮蔵海。著作に「蓮蔵海五分録」「鉄笛倒吹」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玄楼奥竜の関連キーワード風外本高享保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android