コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄楼奥竜 げんろう おうりゅう

1件 の用語解説(玄楼奥竜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄楼奥竜 げんろう-おうりゅう

1720-1813 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。但馬(たじま)(兵庫県)竜満寺の象山問厚の法をつぐ。享和元年山城(京都府)興聖寺の住持となった。禅風がきびしく,狼玄楼とよばれた。文化10年10月12日死去。94歳。志摩(三重県)出身。俗姓は村上。別号に蓮蔵海。著作に「蓮蔵海五分録」「鉄笛倒吹」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玄楼奥竜の関連キーワードペグマタイトバロック音楽ドゥーフ徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志王鳴盛サボイア家藤井右門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone