玉だれ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉だれ
たまだれ

わさびの香気をきかせた求肥(ぎゅうひ)製の棹物(さおもの)で、東京・日本橋の栄太楼が、1858年(安政5)の創業以来手がけてきた銘菓。菓子の名は、「雲の上はありし昔に変らねど、見し玉簾(たまだれ)の内ぞゆかしき」(謡曲『鸚鵡(おうむ)小町』)からつけられた。みじん粉、ヤマノイモ、砂糖、荒くおろした根わさびの練ったものを芯(しん)に入れ、白玉粉で作った求肥で切り口が円(えん)形となるように巻く。棹物1本の長さは18センチメートルで、この1本に根わさび3グラムが使われている。棹物を並べた感じが涼やかなすだれの趣(おもむき)を呈し、甘味のなかにツンとくるわさびの香りがさわやかなところから、夏の菓子とされる。わさびを餅につき入れた菓子は、鳥取県三朝(みささ)温泉や静岡県中伊豆にもある。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉だれの関連情報