小町(読み)コマチ

デジタル大辞泉の解説

こまち【小町】

小野小町(おののこまち)のこと。

が美人だったというところから》評判の美しい娘。小町娘。多く、その女性の住んでいる土地の名をつけてよぶ。
能面の一。老女の面。

こまち[列車]

秋田新幹線で運行されている特別急行列車愛称。平成9年(1997)運行開始。通常、東京・盛岡間は東北新幹線はやぶさ」と連結して走り、盛岡・秋田間は単独で走行する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こまち【小町】

○ 小野小町おののこまちのこと。
〔小野小町が美人であったということから〕 評判の美しい娘。美人。小町娘。町や村の地名の下に付けて呼ぶことが多い。
「小町糸」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こまち【小町】

[1]
[二] 謡曲「卒都婆小町(そとばこまち)」の古名。〔三道(1423)〕
[三] 謡曲「関寺小町」の古名。〔音曲声出口伝(1419)〕
[2] 〘名〙
① (小野小町が美人であったというところから) きわめて美しい娘。美人。美女。小町娘。ふつう、その時代やその土地の名の下に付けて、それを代表する美人とする。「天明小町」「日本橋小町」など。〔歌謡・伊勢音頭二見真砂(歌謡集成本)(19C前)〕
※安井夫人(1914)〈森鴎外〉「近所の若い男達は怪訝すると共に嫉んだ。そして口々に『岡の小町が猿の処へ往く』と噂した」
③ 能面の一つ。老女の面。流儀によっては「関寺小町」のシテが専用する面。
※雑俳・柳多留‐六二(1812)「貴妃小町色を争ふいい御庭」
※藪の鶯(1888)〈三宅花圃〉二「二足計(ばかり)しだらなくぬぎすてたるこま下駄も、小町といふ好み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小町の関連情報