小町(読み)こまち

精選版 日本国語大辞典「小町」の解説

こまち【小町】

[1]
[二] 謡曲卒都婆小町(そとばこまち)」の古名。〔三道(1423)〕
[三] 謡曲「関寺小町」の古名。〔音曲声出口伝(1419)〕
[2] 〘名〙
① (小野小町が美人であったというところから) きわめて美しい娘。美人。美女。小町娘。ふつう、その時代やその土地の名の下に付けて、それを代表する美人とする。「天明小町」「日本橋小町」など。〔歌謡・伊勢音頭二見真砂(歌謡集成本)(19C前)〕
※安井夫人(1914)〈森鴎外〉「近所の若い男達は怪訝すると共に嫉んだ。そして口々に『岡の小町が猿の処へ往く』と噂した」
能面の一つ。老女の面。流儀によっては「関寺小町」のシテが専用する面。
※雑俳・柳多留‐六二(1812)「貴妃小町色を争ふいい御庭」
の鶯(1888)〈三宅花圃〉二「二足計(ばかり)しだらなくぬぎすてたるこま下駄も、小町といふ好み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小町」の解説

こまち[列車]

秋田新幹線で運行されている特別急行列車愛称。平成9年(1997)運行開始。通常、東京・盛岡間は東北新幹線はやぶさ」と連結して走り、盛岡・秋田間は単独で走行する。

こまち【小町】

小野小町おののこまちのこと。

が美人だったというところから》評判の美しい娘。小町娘。多く、その女性の住んでいる土地の名をつけてよぶ。
能面の一。老女の面。
[類語]美人佳人美女麗人別嬪シャン名花マドンナ色女大和撫子美少女美形美姫びき尤物解語の花傾城傾国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「小町」の解説

小町
(通称)
こまち

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
草紙洗小町
初演
享保3.11(大坂・嵐座)

小町
こまち

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛文3.1(江戸・古への都日向太夫芝居)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android