コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉井庸四郎 たまい ようしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉井庸四郎 たまい-ようしろう

1865-1951 明治-昭和時代の実業家。
元治(げんじ)2年2月2日生まれ。宮城県牡鹿(おしか)半島の万石浦(まんごくうら)で種ガキ養殖をはじめ,今日の隆盛の基礎をつくる。牡鹿軌道,金華山自動車を創立し,地域交通機関の発展にもつくした。昭和26年1月11日死去。85歳。陸奥(むつ)仙台(宮城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉井庸四郎の関連キーワード昭和時代実業家元治

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android