コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉井西阿 たまい せいあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉井西阿 たまい-せいあ

?-? 南北朝時代の武将。
大和(奈良県)三輪神社の神主ともいわれる。後醍醐(ごだいご)天皇の吉野遷幸にともない南朝方として挙兵。大和開住(かいじゅう)城を本拠に細川顕氏(あきうじ)と戦いをくりかえすが,暦応(りゃくおう)4=興国2年(1341)落城,その後の消息は不明。楠木正行(まさつら)とともに四条畷(しじょうなわて)で戦死したともいう。本姓は高階あるいは高宮。俗名は勝房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉井西阿の関連キーワード南北朝時代三輪西阿三輪勝房

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android