コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉屑 ギョクセツ

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐せつ【玉×屑】

玉を砕いた粉末。不老不死の仙薬とされた。
詩文の中のすぐれた一節。
雪。特に、降る雪。
「―霏々(ひひ)乱れて斜(ななめ)に飛び」〈蘆花自然と人生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょくせつ【玉屑】

玉を砕いた粉末。不老不死の仙薬という。
詩文のすぐれた句節をほめていう語。佳句。
雪の異名。玉塵ぎよくじん。玉雪。 「 -紛々」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉屑の関連キーワード詩人玉屑栗本玉屑上野青岐道芝行就不老不死仙人掌玄恵佳句詩文仙薬異名粉末

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android