玉川忠太(読み)たまがわ ちゅうた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉川忠太 たまがわ-ちゅうた

1897-1970 大正-昭和時代の病理学者。
明治30年9月3日生まれ。昭和20年広島医専(現広島大)教授。家鶏肉腫,日本脳炎などの研究につとめる。広島に原爆が投下されたあと,いちはやく被爆者病理解剖を実施し,被爆によるケロイドなどの傷害の解明に貢献した。昭和45年10月31日死去。73歳。兵庫県出身。岡山医専(現岡山大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android