コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山大学 おかやまだいがく

5件 の用語解説(岡山大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡山大学
おかやまだいがく

国立大学。1949年に第六高等学校,岡山師範学校,岡山青年師範学校,岡山医科大学(付属医学専門部を含む),岡山農業専門学校を統合し,新制大学として設立。法文学部,教育学部,理学部,医学部,農学部の 5学部を置いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかやま‐だいがく〔をかやま‐〕【岡山大学】

岡山市にある国立大学法人。岡山医科大学・第六高等学校などを統合して、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡山大学【おかやまだいがく】

岡山市にある国立大学。六高(1900年創立),岡山医大(1922年),岡山師範(1943年),同青年師範(1944年),岡山農専(1946年)を統合して,1949年新制大学として発足した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おかやまだいがく【岡山大学】

国立大学の一。岡山医大(1922年創立)を中心に、第六高等学校(1900年創立)・岡山農専・師範系学校が合併して、1949年(昭和24)新制大学となる。本部は岡山市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡山大学
おかやまだいがく

国立大学法人。1922年(大正11)創立の岡山医科大学に旧制第六高等学校、岡山師範学校、岡山青年師範学校、岡山農業専門学校を統合して、1949年(昭和24)新制国立大学として発足した。日本有数の広大なキャンパスを有する。教育学、理学、医学、工学、農学の各学部に、1970年代後半に新設の薬学、歯学、さらに1980年に法文学部が改組された文学、法学、経済学、1994年(平成6)には教養部が改組された環境理工学の各学部を加え、11学部からなる総合大学に発展している。法学部、経済学部には二部(夜間)もあったが、2004年(平成16)学生募集停止となった。2010年時点で、大学院は教育学(修士課程)、保健学、社会文化科学自然科学、環境学、医歯薬学総合(以上博士課程)のほか法務研究科を置く。また、1996年兵庫教育大学に設置された連合学校教育学研究科に参加している。これは4大学(岡山大学、兵庫教育大学上越教育大学、鳴門(なると)教育大学)連合により設置された後期3年のみの博士課程の研究科で、大学院教育学研究科(他3大学は大学院学校教育研究科)の修士課程および附属施設を基盤として編成されているが、それぞれの研究科とは独立している。附置研究所として資源植物科学研究所(旧農業生物研究所)がある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は岡山市北区津島中1-1-1。[馬越 徹]
『岡山大学編・刊『岡山大学50年小史』(1999)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山大学の関連キーワード国立大学横浜国立大学国立大学法人評価委員会公立大学法人国立大学法人法国立大学の法人化国立大学財務・経営センター国立大学法人法案国立大学法人法案関連6法案独立行政法人国立大学財務・経営センター法案

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡山大学の関連情報