コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉甫紹琮 ぎょくほ じょうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉甫紹琮 ぎょくほ-じょうそう

1546-1613 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)15年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都の人。京都大徳寺の古渓宗陳の法をつぎ,天正(てんしょう)14年同寺住持となる。16年豊臣秀吉の命で,師のあとをうけて総見院2世。慶長7年高桐(こうとう)院をひらいた。慶長18年6月18日死去。68歳。俗姓は三淵。諡号(しごう)は大悲広通禅師。別号に半泥子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉甫紹琮の関連キーワード清巌宗渭高桐院

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android