コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉置之長 たまき ゆきなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉置之長 たまき-ゆきなが

?-1693 江戸時代前期の武士。
伊勢(いせ)津藩士。藤堂高久(たかひさ)につかえ,城和奉行,加判奉行などをつとめる。「郷中十七カ条」「町方二十一カ条」を制定し,藩政刷新をはかった。著作に「開国遺事」がある。元禄(げんろく)6年5月13日死去。通称は甚三郎。号は無端。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉置之長の関連キーワードコングリーブ(劇作家、詩人)近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)天文学史(年表)日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦異称日本伝井原西鶴加藤枝直

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android