コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉虫尚茂 たまむし ひさしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉虫尚茂 たまむし-ひさしげ

1745-1801 江戸時代中期-後期の武士。
延享2年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。槍術(そうじゅつ),居合術をおさめ,兵学に通じ,郡奉行などをつとめた。「封内風土記」の清書や「伊達世臣家譜」の編修にかかわる。著作に「仁政篇」「尚風録」「東藩事物紀源」など。享和元年11月死去。57歳。通称は十蔵,軍治。号は荒牧子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉虫尚茂の関連キーワード玉虫十蔵

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android