コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王丸彦四郎 おうまる ひこしろう

2件 の用語解説(王丸彦四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

王丸彦四郎 おうまる-ひこしろう

1668-1756 江戸時代中期の開拓者,農事改良家。
寛文8年生まれ。筑前(ちくぜん)粕屋郡多田羅村(福岡市東区多々良)の人。宝永元年,福岡藩の力をかり宇美(うみ)川沿いに堤防をきずき,新田(六田(むつだ)開作地)を開発。享保(きょうほう)5年鯨油によってウンカを駆除する方法を考案,各地にひろめた。宝暦6年9月17日死去。89歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

王丸彦四郎

没年:宝暦6.9.17(1756.10.10)
生年:寛文8(1668)
江戸中期の篤農家,ウンカ(浮塵子)類の注油駆除法の発明者。筑前国糟屋郡多田羅村(福岡市)生まれ。宝永1(1704)年,多田羅村では6万8000人余を動員して宇美川沿いに堤防を築き,広大な六田開作地を開発したが,この開発の立願人が彦四郎であったという。享保5(1720)年,仏壇の灯明台を水田で洗ったところ,灯油(菜種油)が水面に流出し,そこへ落下した多数のウンカ類が死ぬのを観察した。そこでより廉価な鯨油を利用した注油駆除法を近隣地域に奨め,普及に努めた。享保17(1732)年の西日本一帯のウンカ類大発生時にも,多田羅村周辺では注油法の励行によってウンカによる被害と飢饉を免れたという。この鯨油による駆除法は寛文10(1670)年,遠賀郡立屋敷村の農民蔵富吉右衛門が発見したと伝えられるが,彦四郎の事績はこれとは別個になされたもの。なお,享保17年以降,各地で鯨油注油法が行われるようになり,幕府も代官に対して,その励行をしばしば布達している。<参考文献>小野武夫「害虫駆除史の一齣」(『社会経済史学』8巻11号)

(小西正泰)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王丸彦四郎の関連キーワード雲谷等意浮塵子背白浮塵子篤農篤農家鳶色浮塵子佐藤藤右衛門筒井村作兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone