王国民族連合政府[カンボジア](読み)おうこくみんぞくれんごうせいふ[カンボジア](英語表記)Royal Government of National Unity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王国民族連合政府[カンボジア]
おうこくみんぞくれんごうせいふ[カンボジア]
Royal Government of National Unity

1970年4月,右派ロン・ノル国防相によって実権を追われた N.シアヌークが翌5月,北京で組織した亡命政権 (ペン・ヌート首相,キュー・サム・ファン副首相兼国防相) 。中国,北朝鮮などはただちに同政権を承認したが,ソ連はロン・ノル政権との関係を維持した。以後シアヌークはベトナム,ラオスの解放勢力との提携に踏切り,反米=親中路線を推進するところとなり,カンボジア国内でもカンプチア共産党 (ポル・ポト派) との協力を辞さなかった。同派を中心とする武装勢力は 75年4月には首都プノンペンの制圧に成功,9月にはシアヌーク国家元首の帰国が実現したが,76年1月には共産主義国家「民主カンプチア」の成立が宣言され,王国民族連合政府は消滅した。 (→カンプチア民族統一戦線 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android