コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王庭筠 おうていいんWang Ting-yun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王庭筠
おうていいん
Wang Ting-yun

[生]貞元3(1155)
[没]泰和2(1202)
中国,金の文人。熊岳 (遼寧省盖平) の人。字,子端。号,黄華山人。大定 16 (1176) 年の進士。恩州軍事判官から累進して翰林修撰となった。詩人として想像力に富んだ七言の長編を得意としたほか,書画にも巧みで,文集 40巻などの著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうていいん【王庭筠 Wáng Tíng yún】

1151‐1202
中国,金代の文人。字は子端,号は黄華山人。遼東(遼寧省蓋県)の人。翰林修撰に至った。詩文書画に通じ,書法は米芾(べいふつ)に学んで金代第一と称される。また山水墨竹をよくした。行草書による自跋をともなう《幽竹枯槎図巻》(藤井有鄰館)は書画一致を標榜する〈文人画〉の現存作品のうちでもっとも早い時期に属するものの一つである。詩文における元好問とともに,金一代の文化の頂点を形づくる存在である。【小川 裕充】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王庭筠の関連キーワード枯木竹石図

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android