王貫峠(読み)おうぬきだわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「王貫峠」の解説

王貫峠
おうぬきだわ

広島県庄原(しょうばら)市と島根県仁多(にた)郡奥出雲(おくいずも)町上阿井(かみあい)との境にある峠。江戸時代には阿井越えとよばれた。標高630メートル。国道432号が通じるが、冬季は雪で通行困難になることが多い。古代から備後(びんご)(広島県)と出雲(いずも)(島根県)を結ぶ街道で、後鳥羽(ごとば)上皇が隠岐(おき)に流されるとき、この峠を通ったという伝承がある。なお、「だわ」は撓(たわ)(山の鞍部(あんぶ))の転訛(てんか)であろう。

[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android