コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代華 げんだいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現代華
げんだいか

生け花の一様式名。大正末期に主観的な不完全性の美が追究されるようになったが,生け花でも昭和初期からこの傾向の様式が生れ,第2次世界大戦後一般化した。美術界のモダン・アートに対応して現代華と呼ばれる。創作の自由が認められ純粋花,独創花,前衛花などと呼ばれるものも含み,材料も花材だけに限定されない。しかし造形的な性格はあくまでも生け花に属し,彫刻とは異質である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんだい‐か〔‐クワ〕【現代華】

伝統的な様式を重んじる生け花に対し、個人の創造性主眼を置く生け花。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんだいか【現代華】

1920年代のモダン-アートの流行に刺激され、欧米の芸術論を導入した生け花作品。1945年以降盛んになる。自由花。
をとりこんだ生け花・立華・盛花など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現代華の関連キーワード湯川 制竜生派草月流自由花湯川制立華花型盛花

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android