コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草月流 そうげつりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草月流
そうげつりゅう

生け花の流派。大正末期の主観的不完全性の美を求める機運に,生け花でもその一翼をになって勅使河原蒼風 (1900~79) が創始した。父の日本生花学会会長勅使河原久次から離れて 1927年5月に創流。これは同時に新様式の現代華の発足にもあたる。翌年の第1回展で認められ,ラジオの家庭講座で放送,これが発展の契機となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

草月流【そうげつりゅう】

いけばなの一流派。1927年勅使河原蒼風が創始。投入れ花,盛花に近代造形美術の感覚,素材を大胆に取り入れる。蒼風は米国はじめヨーロッパ各地で作品を発表,いけばなの国際的普及に尽力した。
→関連項目草月アートセンター勅使河原宏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうげつりゅう【草月流】

勅使河原蒼風(てしがはらそうふう)によって1927年に創流された近代いけばなの流派。現在大手三派と俗称される池坊・小原・草月の三流の一つ。蒼風の父,和風は池坊未生流などの花技を学び,のちに流派を否定して〈日本生花学会〉を主宰していた。はじめ父のもとで花技を学んだ蒼風はのち父と決別し草月流を創流し,28年銀座千疋屋で第1回の草月展を開催,その近代的ないけばなの作風によって名声を高めた。蒼風のいけばなは造形芸術としてのいけばなの確立をめざしたもので,初期には古典派の華道界からの批判も多かったが,その恵まれた才能によってとくに45年以降はいけばな界の中心作家として活躍した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうげつりゅう【草月流】

現代華道の一流派。1927年(昭和2)、勅使河原てしがわら蒼風の創始。形式と規範を脱し、個性を尊重して、造形的な生け花創造をめざす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の草月流の言及

【勅使河原蒼風】より

…草月流いけばなの創始者。本名鉀一(こういち)。…

※「草月流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草月流の関連キーワードノーマン・J. スパノン安達 潮花(1代目)勅使河原 蒼風いけるちゃん勅使河原 霞勅使河原 宏菅原とも子楢崎 汪子小木曽昌子勅使河原霞名波はるか星奈ようこ草月ホールRimu近藤まり東方美子桜井美春酒井波湖楢崎汪子浅井忠子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草月流の関連情報