コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造形芸術 ぞうけいげいじゅつplastic arts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造形芸術
ぞうけいげいじゅつ
plastic arts

芸術全般を2つに大別し,音楽,文芸,演劇,舞踊などの時間的芸術をミューズ的芸術と呼んで総括するのに対し,絵画彫刻建築工芸などの空間的芸術を総括する概念。その特性としては (1) 物的,(2) 空間的,(3) 視覚的の3つをあげることができる。造形芸術はさらに形象芸術と空間芸術に区分され,前者は絵画,彫刻などの再現芸術をさし,後者は建築,工芸などの抽象的空間を扱うものをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞうけい‐げいじゅつ〔ザウケイ‐〕【造形芸術】

実在する物質を媒介として空間的形象を表し、人間の視覚に訴えることを目的とする芸術。絵画彫刻工芸建築の類。空間芸術。造形美術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

造形芸術
ぞうけいげいじゅつ
plastic art

plasticは可塑性を意味するところから、フランス語のart plastiqueは塑造芸術を、ドイツ語のbildende Kunstのbildendeは模造の意であることから具象芸術を意味するが、今日ではともに造形芸術と訳されることが多く、単に造形、芸術、美術と記されることもある。
 造形芸術は本来、詩、小説、戯曲などの言語芸術、舞踊や演劇などの表情芸術、音楽といわれる音響芸術などの時間芸術、つまり「こと」の芸術に対応する、「もの」を媒介とした空間芸術であって、絵画、彫刻、工芸、建築などの総称である。しかし、今日では「もの」でない電気や光などの、映像メディアによる時間的な動きがこれに加わり、その概念を拡張しつつある。[三田村右]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の造形芸術の言及

【美術】より

…明治時代には文学も美術に加えられていた(坪内逍遥《小説総論》など)。しかし近年は,これを形体を創造する芸術,すなわち造形芸術に限定するようになっている。また美術品,美術家,美術館,美術批評などの語も造形美術に関してのみ用いられているが,それでもなお美術という概念の輪郭はきわめてあいまいである。…

※「造形芸術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

造形芸術の関連キーワードハンス コルネリウスプリミティブアート視覚芸術・視覚藝術空間芸術・空間藝術京都造形芸術大学クワトロチェント日本基礎造形学会F. シュミット斉と公平太さんミニマルアート名古屋造形大学ヤン ユッテ多摩美術大学ゼツェシオンモンドリアン池田龍雄さん宮井香寿美アレゴリー芸術の意味シュミット

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造形芸術の関連情報