コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間宮芳生 まみやみちお

3件 の用語解説(間宮芳生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間宮芳生
まみやみちお

[生]1929.6.29. 旭川
作曲家。東京音楽学校 (現東京芸術大学) 作曲科に学び,作曲を池内友次郎ピアノを田村宏に師事。在学中の 1950年,毎日音楽コンクールで『チェロソナタ』が入賞。卒業後は東北地方の民話を研究,また林光,外山雄三と「山羊の会」を結成し,その発表会で民謡を素材とした『2台のピアノのための3章』 (1952) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間宮芳生 まみや-みちお

1929- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和4年6月29日生まれ。池内友次郎に師事。昭和28年林光,外山(とやま)雄三と山羊(やぎ)の会を結成。日本の民族派の代表といわれ,代表作に日本民謡を素材にした「合唱のためのコンポジション」(芸術祭奨励賞・毎日音楽賞受賞)や室内オペラ「昔噺・人買太郎兵衛」などがある。NHK大河ドラマ竜馬がゆく」「春の坂道」などの音楽も手がける。北海道出身。東京芸大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間宮芳生
まみやみちお
(1929― )

作曲家。北海道旭川(あさひかわ)市生まれ。1952年(昭和27)東京芸術大学作曲科卒業。池内友次郎(いけのうちともじろう)(1906―1991)に師事。在学中の1950年に『チェロ・ソナタ』が日本音楽コンクール作曲部門第3位となる。1953年に外山(とやま)雄三(1931― )、林光(はやしひかる)(1931―2012)とともに「山羊(やぎ)の会」を結成し、作曲活動に入る。『日本民謡集』(1955~)をはじめ東北地方を中心に日本の民謡を採集し、それを用いた作品を発表。『合唱のためのコンポジション第1番』(1958)は、囃子詞(はやしことば)のみを用いて民族的なエネルギーを表現し、日本の合唱音楽史上画期的な作品となった。『三面の箏(そう)のための音楽』(1958)、『尺八、三絃、二面の箏のための四重奏曲』(1962)をはじめ邦楽器のための作曲も初期から手がけるが、『合唱のためのコンポジション』シリーズ(1958~)のほか、『オーケストラのための二つのタブロー'65』(1965。第14回尾高賞受賞)などのオーケストラ作品、『昔噺人買太郎兵衛(むかしばなしひとかいたろうべえ)』(1959)、『ニホンザル・スキトオリメ』(1965)をはじめとするオペラが創作の中心である。民族主義的な方法を通して前衛的な音楽を提起するのが間宮作品の特徴となっている。『オーケストラのための協奏曲』(1978)ほかで芸術祭優秀賞を受賞。1992年(平成4)紫綬(しじゅ)褒章受章。1992年より静岡音楽館AOIの館長兼芸術監督を務める。著書に『現代音楽の冒険』(1990)など。[楢崎洋子]
『間宮芳生著『野のうた氷の音楽』(1980・青土社) ▽間宮芳生、オッリ・コルテカンガス著『木々のうた――唱うエコロジーの試み』(1997・農村漁村文化協会) ▽日本芸術文化振興会、国立劇場調査養成部芸能調査室監修・編『現代の日本音楽第2集 間宮芳生作品』(1999・春秋社) ▽『現代音楽の冒険』(岩波新書)』
「間宮芳生指揮、日本フィルハーモニー交響楽団演奏『ピアノ協奏曲第3番』(1993・フォンテック) ▽『間宮芳生:ヴァイオリン作品集』(1995・アート・ユニオン) ▽『間宮芳生作品集』(1996・フォンテック) ▽『間宮芳生オーケストラ作品集』(1996・フォンテック) ▽『日本合唱曲全集 合唱のためのコンポジション』(1998・ビクターエンタテインメント) ▽『間宮芳生の世界――映画主題歌』(2000・ポリスター) ▽『日本民謡集』(2001・フォンテック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の間宮芳生の言及

【バイオリン】より

…また製作面でも水準の高い楽器がアメリカなどに輸出されるようになった。戦後の日本人作曲家によるバイオリン曲には,1952年ガロア・モンブラン賞を受賞しパリで出版された平尾貴四男の《バイオリン・ソナタ》(1947),伝統音楽の語法の解体・再構成を試みた間宮芳生の《バイオリン協奏曲》(1959),三善晃のロマン的資質をよく示した《バイオリン協奏曲》(1965)などがある。【片山 千佳子】。…

【バレエ音楽】より

… 日本では,1910年代後半から20年代初めにかけて山田耕筰石井漠小山内薫の協力を得て創作した舞踊詩(《青い焰》《マリア・マグダレーナ》《野人創造》)がある。また第2次大戦後の作品では,伊福部昭(1914‐ )の《サロメ》(1948)と《プロメテの火》(1950),石井歓(1921‐ )の《まりも》(1962),間宮芳生(1929‐ )の《祇園祭》(1963)などが成功している。【後藤 暢子】。…

※「間宮芳生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

間宮芳生の関連キーワード筒美京平磯部俶加古隆佐藤勝宍戸睦郎芝祐久渡久地政信服部克久船村徹松平頼暁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間宮芳生の関連情報