新日本音楽(読み)しんにほんおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大正中頃から昭和初期にかけての音楽運動,およびその運動から生れた楽曲の総称箏曲家の宮城道雄とその協力者で尺八家の吉田晴風が中心。邦楽の伝統に根ざしつつ,洋楽の要素も摂取し,種目,流派の枠をこえた新しい邦楽を目指す。名称は,1920年 11月 27日東京有楽座で催された宮城道雄と本居長世 (洋楽の作曲家) との合同作品発表会を,吉田の発案により「新日本音楽大演奏会」と銘打ったことに始る。本居はまもなく離脱したが,邦楽界の新気風を求める共鳴者は多く,都山流尺八家の1世中尾都山,金森高山,曲家の中島雅楽之都,研究家の田辺尚雄町田佳聲らが運動に参加し,作曲を発表し,演奏や啓蒙に努めた。作品としては,宮城のものが量的質的に代表的。 25年ラジオ放送開始後は,宮城らの新曲には「新日本音楽」の名があたかも種目名のごとくに冠され,名称が確立するにいたった。楽曲は独奏から大合奏まで含む器楽曲が多く,楽器は箏,三味線,尺八が主流をなすが,他の邦楽器や洋楽器をも用い,また新考案の楽器も生み出した。なかでも宮城の考案による十七弦は低音邦楽器として定着し,現在でも現代邦楽のなかで重要な役割をになっている。洋楽摂取の面では古典的形式,機能和声法,カノン形式など邦楽に取入れやすいものに限られる。 30年頃からは,提唱者自身も「新日本音楽」の名をあまり用いなくなり,より広い範囲をさす「新邦楽」の名のもとに包括されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

日本の伝統楽器による近代的な音楽の一時期のものに対する通称狭義には,宮城道雄吉田晴風本居長世らが中心となって実践した大正期・昭和初期の音楽運動ならびにその所産の作品の総称。1920年11月27日東京有楽座で行われた宮城・本居の作品発表会を,吉田が〈新日本音楽大演奏会〉と命名したことに始まる。このときには,宮城の《秋の調》などのほか,本居の《十五夜お月さん》なども発表されたが,その後,箏を中心とする邦楽の新傾向の作品のみについていうようになり,音楽学者の田辺尚雄,町田嘉章,尺八家の中尾都山ら,箏曲家の中島雅楽之都(うたしと)なども加わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漠然と新様式の日本音楽という意味で用いられることもあるが、一般的には大正中期から昭和初期にかけて、宮城(みやぎ)道雄、吉田晴風(せいふう)、本居長世(もとおりながよ)らが中心となって行った音楽活動をさす。また、そのおりに発表された作品群をさす場合もある。1920年(大正9)11月、東京の有楽座で催された宮城と本居の合同作品発表会を、尺八の演奏を受け持った吉田晴風が「新日本音楽大演奏会」と命名したのがこの名のおこりである。邦楽と洋楽の融合により新しい日本音楽を創造することが目的であったため、保守的な当時の邦楽界からはあまり歓迎されなかったが、しだいに学者や演奏家の協力を得るようになり、のちには宮城の影響を受けた邦楽畑(主として箏曲(そうきょく)系)の作曲家も現れた。宮城らの活動は、開始されてまもないラジオ放送や、レコード録音、演奏旅行などによって全国的に広められ、日本音楽の動向に多大の影響を及ぼした。

[千葉潤之介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 従来の邦楽の流派に所属せず、洋楽の影響を受けて新しく作られた邦楽曲の総称。特に、大正中期から昭和初期にかけて、吉田晴風・宮城道雄・本居長世らが行なった音楽運動およびその作品をいう。和楽器を中心に洋楽器を併用して演奏される管弦合奏曲や協奏曲などがある。〔大増補改訂や、此は便利だ(1936)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の新日本音楽の言及

【箏曲】より

…これを〈明治新曲〉という。大正から昭和初期にかけて,東京に進出した宮城道雄や米川親敏(ちかとし)(琴翁)らは,洋楽の技法をも取り入れた創作活動を展開,とくに宮城を中心とする派は,〈新日本音楽〉と称して,単に箏曲のみならず,邦楽全体の新創造を目標とし,以後,箏曲を中心とする創作活動はきわめて活発となり,山田流箏曲家でも,中能島欣一などきわめて現代的な作品を作る者が多くなるとともに,洋楽の作曲家も,箏の作品を書くようになる。現代では,〈現代邦楽〉と呼ばれる創作の一つとしても,箏曲が存在する。…

【宮城道雄】より

…保守的な邦楽界は冷淡だったが,文化人,評論家,洋楽作曲家の注目を浴び,しだいに各界人士の支持・後援を得るにいたる。20年洋楽系の本居長世との合同作品発表会の際に吉田の発案で〈新日本音楽〉と銘打ったが,以来これが宮城,吉田らの新作活動の通称となった。23年以来宮城は初世中尾都山とも提携,帯同して各地を巡演,都山流の組織により宮城曲は全国的に普及する。…

※「新日本音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android