コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸井誠 モロイマコト

百科事典マイペディアの解説

諸井誠【もろいまこと】

作曲家。東京都出身。1952年東京音楽学校(現東京芸術大学)作曲科卒業。池内友次郎に師事。はやくから十二音技法,電子音楽などの現代音楽の技法で作曲活動を行う。1953年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞,国際現代音楽協会(ISCM)音楽祭入賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸井誠 もろい-まこと

1930-2013 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和5年12月17日生まれ。諸井三郎の次男。池内友次郎に師事。昭和28年「無伴奏フルートのためのパルティータ」で国際現代音楽祭に入選。31年黛(まゆずみ)敏郎と日本最初の電子音楽「7のヴァリエーション」を制作。尚美学園短大教授。平成25年9月2日死去。82歳。東京出身。東京音楽学校(現・東京芸大)卒。著作に「音楽の現代史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸井誠
もろいまこと

[生]1930.12.17. 東京
[没]2013.9.2. 東京
作曲家,音楽評論家。戦前の名作曲家,諸井三郎の二男。1952年,東京音楽学校本科(→東京芸術大学音楽学部)作曲科卒業。1957年,黛敏郎吉田秀和らと前衛音楽集団二十世紀音楽研究所を設立。12音技法(→12音音楽),電子音楽をいち早く取り入れ,尺八を中心とする邦楽器とオーケストラの響きの融合を試みるなど,現代音楽界の先駆的存在となった(→現代音楽)。また,1994年彩の国さいたま芸術劇場初代館長に就任,1997~2005年埼玉県芸術文化振興財団の芸術総監督,1999~2004年同理事長を歴任,世界のコンテンポラリー芸術を幅広く紹介した。日本アルバン・ベルク協会初代会長も務めた。音楽評論の分野でも活躍し,ルートウィヒ・ファン・ベートーベンのピアノソナタ研究でも知られた。おもな作品に『ピアノのためのαとβ』(1954),『ヴァイオリンとオーケストラのための協奏組曲』(1962,尾高賞)や『尺八現代本曲「松籟五章」』(1964)など。1995年紫綬褒章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

諸井誠の関連キーワードラベル(Joseph Maurice Ravel)ミュージック・セリエル酒井 竹保(2代目)沢井 忠夫奥村 淑子柴田南雄現代邦楽武満徹竹保流諸井虔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸井誠の関連情報