現在分詞(読み)ゲンザイブンシ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 文法の用語。英語、ドイツ語などヨーロッパ諸言語に見られる動詞の変化形の一つ。助動詞とともに用いられて動作の進行などを表わす。形容詞的にも用いられる。
※痴人の愛(1924‐25)〈谷崎潤一郎〉六「“doing” とか “going” とか云ふ現在分詞には必ずその前に『ある』と云ふ動詞、-“to be” を附けなければいけないのに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現在分詞の関連情報