現金自動預入支払機(読み)げんきんじどうあずけいれしはらいき(英語表記)automatic teller machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現金自動預入支払機
げんきんじどうあずけいれしはらいき
automatic teller machine

キャッシュカードなどを使い,出入金作業が顧客自身の操作のみでできる装置。略称 ATM金融機関コンビニエンスストアなどに設置されており,各 ATMは金融機関のコンピュータと通信回線によって結ばれている。当初は現金を自動的に支払う現金自動支払機 CD; cash dispenserで出金のみを行なっていたが,窓口業務の省力化をねらって,入金,通帳記入,振り込みなども可能となっている。本人確認として暗証番号だけでなく,指紋など生体認証の機構も組み込まれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の現金自動預入支払機の言及

【銀行】より

…今やコンピューターとデータ通信が銀行と企業,銀行と家庭をつなぎ,決済が行われるエレクトロニック・バンキングの時代に入ろうとしている。 銀行の店頭には,現在,現金自動支払機(キャッシュ・ディスペンサーcash dispenser,CD),現金自動預金機automatic depositer(AD),現金自動預入支払機automatic teller machine(ATM)等が普及している。1969年に,一部都銀で導入されたオフラインの現金自動支払機は,その後オンライン化され,79年に登場した現金自動預入支払機と合わせると,すでに都市銀行はほぼ全店舗に設置されている。…

※「現金自動預入支払機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android