入金(読み)ニュウキン

  • いりがね
  • にゅうきん ニフ‥
  • にゅうきん〔ニフ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
金銭を受け取ること。収入金があること。「月末に入金がある」「入金伝票」⇔出金
金銭を払い込むこと。また、その金銭。「前金として半額を入金する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
金がはいること。金銭を受け取ること。また、その金銭。 ⇔ 出金 得意先から-があった
金銭を払い込むこと。 月末に-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 収入金。所得金。にゅうきん。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
〘名〙
① 金銭を受け取ること。金銭を納め入れること。また、金銭を払い込むこと。入銀。
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「旦那の入金(ニフキン)も平均二十何円(日当)となり」
② 支払うべき金銭のうち、幾分かを入れること。内金を払うこと。また、その金銭。
③ 必要に応じて使う金銭。入費。費用。入用金。入用銀。
※浮世草子・椀久二世(1691)下「むかしの釼今の算用入金(キン)に分別し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入金の関連情報