入金(読み)にゅうきん

精選版 日本国語大辞典「入金」の解説

にゅう‐きん ニフ‥【入金】

〘名〙
金銭を受け取ること。金銭を納め入れること。また、金銭を払い込むこと。入銀
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「旦那の入金(ニフキン)も平均二十何円(日当)となり」
② 支払うべき金銭のうち、幾分かを入れること。内金を払うこと。また、その金銭。
③ 必要に応じて使う金銭。入費。費用。入用金。入用銀。
※浮世草子・椀久二世(1691)下「むかしの釼今の算用入金(キン)に分別し」

いり‐がね【入金】

〘名〙 収入金。所得金。にゅうきん。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入金」の解説

にゅう‐きん〔ニフ‐〕【入金】

[名](スル)
金銭を受け取ること。収入金があること。「月末に入金がある」「入金伝票」⇔出金
金銭を払い込むこと。また、その金銭。「前金として半額入金する」
[類語]収める収入所得収益実入り稼ぎ実収現収月収年収歳入定収インカム納入納付上納納金払い込む予納前納全納分納

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android