コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史弥遠 しびえん Shi Miyuan; Shih Mi-yüan

2件 の用語解説(史弥遠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

史弥遠
しびえん
Shi Miyuan; Shih Mi-yüan

[生]?
[没]紹定6 (1233).10.4.
中国,南宋の寧宗,理宗両朝の宰相。字は同叔。諡は忠献。孝宗朝の宰相史浩の第3子。淳煕14(1187)年の進士,累進して礼部侍郎となり,寧宗朝の初め,宰相韓侂冑を殺害してとの国交を回復し,その功により嘉定1(1208)年宰相となり,寧宗の没後,理宗の擁立に成功して権勢をほしいままにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しびえん【史弥遠 Shǐ Mí yuǎn】

1164‐1233
中国,南宋の宰相。明州鄞県(現,浙江省寧波市)の人。字は同叔,諡(おくりな)は忠献。孝宗朝の宰相史浩の第3子。はじめ父史浩の蔭で1179年(淳熙6)に官に就き,87年科挙に合格して進士になった。昇進をかさね,寧宗朝(1195‐1224)なかば礼部侍郎になり,金と戦端を開いて敗れた強権宰相の韓侂冑(かんたくちゆう)を,楊皇后と結んで暗殺し,その功績で1208年(嘉定1)宰相に就任した。政治に無関心の寧宗のもとで楊皇后と結託して権力を伸ばし,寧宗が没するや,彼に反感を抱く皇太子の趙竑を廃して理宗を擁立し,いわゆる定策の功によって,権力の独占的掌握は絶頂に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

史弥遠の関連キーワード賈似道呉文英浙江省戴進南曲明州黒衣の宰相花の宰相岳王廟楊簡

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone