コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠歌大概 えいがたいがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詠歌大概
えいがたいがい

鎌倉時代中期の歌論書。藤原定家著。1冊。一説に貞応2 (1223) 年頃の成立という。簡潔な漢文体で,作歌に際しての基本的な心得を記し,「秀歌之体大略」と名づける秀歌例 103首を掲げる。新鮮な着想を捜し求めて,これを古典的な用語で表現すべきこと,本歌取り (ほんかどり) の具体的方法,三代集や『伊勢物語』『三十六人集』などの古典を見習うべきこと,などを説く。後世尊重され,多くの注釈書が生れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えいがたいがい【詠歌大概】

鎌倉時代の歌論書。1巻。藤原定家著。建保年間(1213~1219)または貞応年間(1222~1224)に成立か。和歌の本質論・方法論などを漢文で述べたもの。定家の歌論中、最も重んじられた。詠歌之大概。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

詠歌大概【えいがのたいがい】

鎌倉前期の歌論書。1巻。藤原定家著。1220年前後の成立か。和歌に関する概括的な見解を漢文体で記した部分と,100余首の秀歌例よりなる。のちに二条家の教えの根本として重んじられ,内容の難解さもあって多くの注釈書が書かれている。
→関連項目歌論近代秀歌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

えいがたいがい【詠歌大概】

歌論書。一巻。藤原定家著。建保年間(1213~1219)成立。尚古主義的な定家晩年の歌論を漢文体で述べたもの。「近代秀歌」とともに中世歌人に多大の影響を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詠歌大概
えいがのたいがい

鎌倉初期の歌論書。藤原定家(ていか)著。頓阿(とんあ)の『井蛙抄(せいあしょう)』での引用によると、後鳥羽院(ごとばいん)の皇子梶井宮(かじいのみや)尊快法親王に献進したものと考えられ、1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱後の成立と推定される。漢文体(後人の仮名文としたものもある)の、作歌の原理と方法とについて説いた部分が主で、「詞(ことば)」「風体(ふうてい)」「景気(けいき)」に分けて、それぞれ古典の学び方を示している点は本書独自の内容である。それに「秀歌体大略(しゅうかのていのたいりゃく)」と題する83首の八代集抄出歌が付載され、「風体」の優れた例を示す。内容上近似するものに『近代秀歌』改撰(かいせん)本がある。[藤平春男]
『久松潜一他校注『日本古典文学大系65 歌論集・能楽論集』(1961・岩波書店) ▽藤平春男他校注・訳『日本古典文学全集50 歌論集』(1975・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

詠歌大概の関連キーワード二条家(歌の家)詠歌大概抄後陽成天皇三条西実隆金谷興詩中院通茂武野紹鴎村田春野鎌倉時代赤井一貞細川幽斎尚古承久掛物

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android