コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理満 りまん

1件 の用語解説(理満の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

理満 りまん

?-? 平安時代中期の僧。
律宗。河内(かわち)(大阪府)の人。大和金峰山(きんぷせん)椿山寺の日蔵に師事。「今昔物語集」などにみえる人物。来世で極楽に生まれるために,釈迦が入滅した2月15日に死ぬことをねがう。法華経を読誦(どくじゅ)し,悲田院で老人や病人の世話をして,願いどおりに死んだという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

理満の関連キーワード円快永覚大江時棟河内博遠義清興義聖珍尋空増祐

理満の関連情報