瓜生保母(読み)うりゅう たもつの はは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生保母 うりゅう-たもつの-はは

?-? 鎌倉-南北朝時代の女性。
建武(けんむ)4=延元2年(1337)越前(えちぜん)(福井県)金ケ崎城の新田義貞救援にむかった5人の息子のうち,保と義鑑(ぎかん)のふたりが足利方との戦いで戦死。杣山(そまやま)城でこれを聞いても動揺することなく,大将の脇屋義治に酒をすすめ,人々の士気を鼓舞したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android