瓜生卓造(読み)うりゅう たくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生卓造 うりゅう-たくぞう

1920-1982 昭和時代後期の小説家。
大正9年1月6日生まれ。早大在学中スキー部に所属し,耐久レースで活躍。卒業後「文学者」同人。昭和28年「金精峠(こんせいとうげ)」で注目される。「大雪原」などで伝記小説に,「単独登攀(とうはん)」「銀嶺に死す」などで山岳小説に独自の境地をひらいた。53年「檜原(ひのはら)村紀聞」で読売文学賞。昭和57年6月1日死去。62歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android