コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢太閤(ひさごたいこう)

2件 の用語解説(瓢太閤(ひさごたいこう)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

瓢太閤(ひさごたいこう)

徳島県、日新酒類株式会社太閤酒造場の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひさごたいこう【瓢太閤】

徳島の日本酒。酒名は、阿波藩主・蜂須賀侯が太閤秀吉の遺徳を偲んで命名。純米大吟醸酒大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒をそろえる。平成2~5、7、8、11、12、16、18、19年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、日本晴など。仕込み水吉野川の伏流水や名水百選「錦竜水」などを使い分ける。蔵元の「太閤酒造場」は安政4年(1857)創業。所在地は阿波市土成町郡。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓢太閤(ひさごたいこう)の関連キーワード蜂須賀蜂須賀隆重蜂須賀隆長蜂須賀綱矩蜂須賀治昭蜂須賀光隆蜂須賀宗員蜂須賀宗鎮蜂須賀宗英蜂須賀至央

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone