甘々棒(かんかんぼう)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甘々棒
かんかんぼう

きな粉(あめ)の一種で、岐阜県高山市の名物。長さ20センチメートルほどの棒飴で、両手に1本ずつ持ってたたきあわせると「カンカン」と音をたてるからカンカン棒、それが甘々棒に変わったというユーモラスな駄菓子である。幕末の弘化(こうか)年間(1844~48)に、尾張(おわり)国(愛知県)犬山のげんこつ飴が飛騨路(ひだじ)に移入された。これは麦芽飴で、頬(ほお)返しのつかないほど大きなものである。この麦芽飴を飛騨特産の青大豆(あおだいず)を使ったきな粉飴とし、げんこつ飴と同量分の飴を、高山祭に引き出される屋台のかじ取りに使う丸太「大でこ」に模し、延ばしたのが甘々棒である。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android