コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬山 イヌヤマ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐やま【犬山】

山野で、飼いならした犬を使ってする狩り。
「この人―といふ事をして…山に入りて猪鹿を犬に噉(く)ひ殺さしめて」〈今昔・二六・七〉

いぬやま【犬山】[地名]

愛知県北西部の市。もと尾張藩家老成瀬氏の城下町。犬山城明治村・京大霊長類研究所や日本ラインなどがある。人口7.5万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬやま【犬山】

愛知県北西部の市。もと城下町。犬山城や明治村と日本ラインの名勝などで知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

犬山の関連キーワード愛知県犬山市羽黒稲葉東愛知県犬山市羽黒稲葉西愛知県犬山市地蔵池西愛知県犬山市常福寺洞愛知県犬山市常福寺浦愛知県犬山市四季の丘愛知県犬山市富岡新町愛知県犬山市羽黒朝日愛知県犬山市下舞台愛知県犬山市西桑原愛知県犬山市下小針愛知県犬山市西古券愛知県犬山市下榎島愛知県犬山市下屋敷愛知県犬山市西大円愛知県犬山市二本木愛知県犬山市白山洞愛知県犬山市二ノ谷愛知県犬山市ニタ田愛知県犬山市西北野

犬山の関連情報