コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬山 イヌヤマ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐やま【犬山】

山野で、飼いならした犬を使ってする狩り。
「この人―といふ事をして…山に入りて猪鹿を犬に噉(く)ひ殺さしめて」〈今昔・二六・七〉

いぬやま【犬山】[地名]

愛知県北西部の市。もと尾張藩家老成瀬氏の城下町。犬山城明治村・京大霊長類研究所や日本ラインなどがある。人口7.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬやま【犬山】

愛知県北西部の市。もと城下町。犬山城や明治村と日本ラインの名勝などで知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

犬山の関連キーワード愛知県犬山市楽田長塚西愛知県犬山市楽田勝部前愛知県犬山市楽田地蔵池愛知県犬山市楽田一色浦愛知県犬山市楽田内久保愛知県犬山市池野安楽寺愛知県犬山市楽田長塚東愛知県犬山市楽田山ノ田愛知県犬山市楽田東追分愛知県犬山市楽田三ツ塚愛知県犬山市楽田上沼愛知県犬山市楽田小針愛知県犬山市楽田大円愛知県犬山市楽田原東愛知県犬山市楽田青塚愛知県犬山市楽田安師愛知県犬山市楽田大橋愛知県犬山市楽田打越愛知県犬山市楽田今村愛知県犬山市楽田天神

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬山の関連情報